読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代SEの選ぶ!何でもアリのオススメマンガ雑記

マンガが好きで好きで溜まらない私が、オススメマンガを紹介します!

こんな恋愛したかtt…いや、やっぱいいかもw

今日は少女マンガから。

 

アニメ・ドラマ・映画と色んなメディアミックスもしているので知ってる人も多いと思います。

 

そう、ハチミツとクローバーですね!

 

1.ストーリー…★★★★

2.キャラクター…★★★★★
3.切ない度…★
4.総合評価…

 

あらすじをwikiから引っ張ってこようと思いましたが、長過ぎるし抜粋するにも切り所が分からないので諦めましたw

すごーく簡単に言うと、美術系の大学生と、それを取り巻く大人達との青春群像劇ですね。

これが普通の大学じゃなく美術系ってところで、普通の恋愛要素+「才能」っていう、絶対的なものを持たせる事で物語に深みを与えているのかなと思います。

 

1.ストーリー…★★★★

まぁ、大学で仲良し5人組も集まれば、その中で誰が誰を好き、とか出てくるよね、と。

それに加えて、バイト先のデザイン事務所の未亡人とか、他のデザイン事務所の優秀イケメンとかが加わって、美男美女が惚れた惚れないをする話ですw

が、上にも書いた「芸術」っていう、カッコいいとか可愛いとか、優しい、背が高い、気が利く、みたいな一般的なモテ要素以外の、「才能」に惹かれるというところがあって、またそれゆえの「理解されない」と感じる孤独感なんかを上手く交えて、物語の強弱を付けているなーと思います。

美術のセンス0なのでそう思うだけかもですけどw

肝心のストーリーについては、終盤の「事件」から、ラストそこ行くんだ!?っていうのは驚きもするけど納得も出来て、物語としてはすごくキレイに着地させているんですけど、あっちとくっ付いて欲しかったかもな~との思いで★4で。

いや、本当キレイに着地させてて、やっぱりすごい作者さんだなと思いますけど。

3月のライオンも本当面白いですし。

 

キャラクター…★

恋愛モノ(ハーレムものでなく)だと、「あ、こいつむかつくな」って読んでて思うキャラって大概いると思うんですけど、これに関しては本当一人もいませんでしたね。

みんなめちゃくちゃ魅力的です。

作中で上手くいってる恋愛が皆無だからかもしれませんw

その中でも、やっぱり竹本くんが大好きですね。いわゆる、読者目線的な、才能もそんなにない平凡な頑張り屋さんという感じで、絶対結ばれないんだろうな~でも頑張って欲しいな~ときゅんきゅんしながら読んでました。

いや、でも、自転車で自分探しは本当ないわwww

 

切ない度…

上にも書きましたが、作中で(最後はみんなまとまるところにまとまりますが)上手くいってるところがないので、その過程をどっぷり楽しむ事が出来ます。

また、ぎゃーぎゃー騒いでるだけじゃなく、個々のキャラクターの内面もしっかり描かれているので、気付くとかなり感情移入しちゃってます。

それぞれの人物に重たい過去があったりもします。

全10巻ですが、10巻は正直涙こぼれると思います。

 

総合評価…

恋愛マンガとしては、一つの最高傑作じゃないでしょうか。

また、絵柄は女性ですが、内容は男性が読んでも全然楽しめると思います。

3月のライオンが青年向けだからか、ハチミツとクローバーも男性で読んでいる人もすごい多い、気がします。

あるキャラクターの「オレはずっと考えてたんだ。うまく行かなかった恋に意味はあるのかって。消えて行ってしまうものは無かったものと同じなのかって… 今ならわかる。意味はある。あったんだよ…」(以下続く)

ってセリフがたまらなく好きです。

男女問わず、オススメ出来る恋愛マンガです。ぜひ!

マンガ読む前に。読む環境ってどうしてる?私のやっているマンガ読本環境について

皆さん、楽しいマンガライフを満喫してますか?

 

私は最近、BLEACH完結したので読み返しているところです。

ジャンプ+にも加入しているので、単行本+リアルタイム派です。

って今回はBLEACHの話ではなく、マンガを読む環境についてです。

 

最近は

 

・単行本

・自炊

電子書籍

 

と色んな読み方が出来るようになり、私も色々試しましたが、結論から言うと

 

NAS + iPad

 

これが最強だと思います。

 

NASとは何ぞやというと、Network Attached Storageの略で、要するにネットワーク上のデータ保管庫です。

PCに保管するのと何が違うかって言うと、消費電力が少なかったり、静音だったり、RAID1のミラーリング、、、要するにハードディスク2つに対して、全く同じデータを書き込んで、片方のハードディスクが壊れてももう一方にデータが残っているという機能など…があります。

 

まぁ、RAIDとかは置いておくとしても、NAS自体は本当に便利なもので、最近だと付けっぱなしでもアクセスがないと一定時間で省エネモードになってくれたりします。

 

私も自宅では耐障害性の高い法人向けのNASを1台持っていたりしますww

 

が、ある程度設定も必要だったり、そこそこのお値段がするものであるので、簡単に自宅のマンガ環境をNASにする方法をお伝えします。

 

それはずばり…

 

無線LANルーターにUSB HDDを取り付ける事!!

もちろん、ルーター側にドライブとして認識する機能が必要ですが、最近の無線LANルーターなら大体付いていますね。

これで簡易NASとして動きます。

 

USB HDDは、市販品を買ってきても良いですし、HDDだけ買ってきて、USBの側に入れても良いかと思います。

2TBぐらいあると1000冊以上余裕で入ると思います。

 

ちなみに私はルーターNECAterm WG2600HPを使用しています。

無線環境はCorega→Buffalo→NEC→今と来ています。

Coregaの時から簡易NAS機能はありましたが、しょっちゅう切断されてたなぁ…

ちなみにこの記事は無線をEthernet Converterで拾って有線化し、サーバー(OSはWin7ですが)で書いています。

ってこの辺はマンガ環境に関係ないので割愛しますw

 

 他にもKindle Paper White、Kindle for PC、Kindle for iPhone(iPad)等、

色々試行錯誤したので、また後日にでもレビューしたいと思います。

 

本日はこれまでー。お読み下さりありがとうございました。

質問でもあれば書き込んでってくださいw

SFと言えばこれ!4巻完結でさっと読めるのにずっと心に残る作品を。

記念すべき一冊目、何にしようかとマンガ棚を眺めましたが…

1冊目はやっぱりこれですかね。プラネテス

 

調べたら1999年~2004年までの連載だったんですね。

全4巻ですがめちゃめちゃ濃密です。

そして、5年の間に絵柄変わりまくりですww

 

さ、早速、私がこのマンガのどこが面白いか、オススメかを語る前に、

何か指標があった方が良いかと思ったので、考えてみました。

あまり項目が多すぎても返って分かりにくいと思うので、

 

1.ストーリー…ストーリーが練れているか、整合性があるかどうか。読んでて突っ込みどころ満載なのはね。。

2.キャラクター…キャラクターが愛せるかどうか。特定のキャラを推す場合もあるかも(というかそうなるかも…)
3.【そのマンガ独自項目】…「ここが面白いんだよ!」っていう私が思うアピール項目。
4.総合評価…どれぐらいオススメ出来るかです。

 

では早速書いてみます。

 

プラネテス

1.ストーリー…★★★★★

2.キャラクター…★★★★★
3.セリフ…★
4.総合評価…

 

はい、初っ端は大好きなマンガを取り上げたので、もちろん満点です!笑

各項目を見ていく前に、まずはあらすじをwikiから抜粋。

 

<あらすじ>

時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星土星への有人探査計画も進んでいる。毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。
また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。
主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。

wikipediaより)

 

1.ストーリー…★★★★★

要するに、ちょっと未来のお話で、人類にとってもっと宇宙が身近になって、それによりゴミ問題が発生しているんですね。

主人公のハチマキは、宇宙ゴミ拾いをしながら、いつか自分の宇宙船で自由に宇宙を飛び回りたいと思っている青年です。

序盤は普通の、夢は持っているけど、そこに向かって本気で努力をしているわけでもない、何か特殊な能力があるわけでもないハチマキが、もしかすると死ぬ可能性のあった事故から本気で夢を叶えるために努力をし、夢を叶えていくまでのサクセスストーリーです。

…と言えば聞こえは良いですが、途中諦めそうになったり、と思ったら狂気とも思える執念で目標に向けて突っ走ったり、燃え尽き症候群みたいになったりと、たった4巻とは思えない密度でハチマキの人生観というか、死生観が変化していきます。

宇宙モノだと宇宙兄弟が人気ですが、同じ宇宙モノでもジャンルが違っていて、こっちはとにかく濃い密度で、ハチマキを通して「人生とは何か?「生きる意味は?」「愛とは?」を問いかけられるマンガだと思っています。

 

キャラクター…★

主人公、ハチマキの夢に向かって突っ走る熱さ、危うさももちろん魅力的なのですが、ヒロインのタナベがまた魅力的なんですよね。最初は絵も可愛くないし(w)、ウザいキャラにも見えるのですが、ハチマキが時々途方に暮れるのに対し、タナベは一貫して「愛する事は何か?」を体現してくれています。

その他同じ職場の上司、先輩の脇役にもそれぞれサイドストーリーが展開され、誰一人いなくて良いキャラクターはいないほど、全員愛すべき存在になっています。

 

セリフ…

作者が一番伝えたい事は、「愛について」なんだろうなぁというところで、作中でも「愛」という言葉が非常によく出てきます。

とあるキャラクターの「愛」についての考え方が語られた後、一番最後にハチマキが「愛について」語ります。

最後のシーンを描くために、今までのシーンがあったんだろうなと、そう思えるぐらいに印象的な力の籠ったシーン、セリフになっています。

 

総合評価…

思い返してみても、本当に4巻しか出てないのか!?と思えるぐらい濃密です。

また、もう10年以上前の作品なんですね…今見ても全く古臭くないと思います。

最近、人生がマンネリしてるな~とか、ちょっと迷っている時とかに見ると、何か分からないけど何かやらなくちゃいけない、このままではいられない、と背中を押してくれる作品だと思います。

 

4巻しかないので、最後のページのために、是非見て欲しいです!

 

初投稿だよ!

「そうだ、ブログやろう!」

 

と急に思ったわけではないんですが、会社の同期と「社会人にも慣れてきて、最近メリハリないよね~」的な話をしていたところ、

「ブログやれば?文章の練習にもなるし、「あ、これブログに書こう!」みたいに色んな事に目がいくようになるよ」との名言を頂きましたので、

始めてみる事にしました!

 

でも何書こ~?そもそもブログってどう始めんの~?って土日の間試行錯誤し…

私の日常なんて書いても誰も興味ないだろうし、どうせだったら大好きな物を紹介しよう!と思い立ち、大好きなマンガをジャンル問わず紹介しようと思いました!

 

兄妹がいて、両親も割とマンガを読む世代なので、少年漫画、少女漫画、青年漫画と、色んなジャンルで大好きなマンガがあります。

 

また、ちょっと、というか大分話が変わるんですが、マンガって世間的にはネガティブなイメージがあるというか、大の大人がマンガなんて読んで…と言われたり、何か凶悪な事件があって、その人の家にグロテスクな描写のあるマンガがあると、因果関係があると言われたり…

 

それは違うくない?

 

と思うわけです。

リアルタイムじゃなかったけど、トライガンってマンガがあって(最近同じ作者さんの血界戦線がアニメ化されてすごい評判良かったよね)が、事件を起こした人の家にあって叩かれたりとか…

確かにグロいなっていうシーンもあるんだけど、それ以上に生きていく事の大変さとか、信念を貫く事の難しさを伝えてたと思うのね。

まぁ、この件については読者のみんなが「おかしい!」って声を上げて撤回されたらしいけどw

 

それに、私、小さい時からいっぱいマンガ読んでて、きっとそのおかげ(と自分では思っているw)で、小学校の漢字テストとかほぼずっと満点だったし、6年生の時の100問テストでも、100点取ったの学年で私と、すっごい頭いい人の2人だけだったからね!

 

それ以外にも、よく「登場人物のこの時の気持ちを考えなさい」とかあるけど、いっぱいマンガ読んでれば、色んなキャラクターの気持ちを知る事が出来るし、言葉の使い方とかも分かるし、悪い事だけじゃなくて、マンガには良い事もいっぱいあると思うんだよね。

中学でも高校でも、特に勉強しなくても現国の成績は超良かったしね!

 

…前置きがすっごい長くなりましたがw

言いたい事は、とにかくマンガは悪い事ばっかりじゃないよ!って言うところと、

まぁそんな事関係なく、とにかく面白い作品を知って欲しいって事で、次記事から紹介していきたいと思いますw